はじめまして

 

 

これと言って紹介する事もたくさんはないのですが、
せっかく始めたブログなのでどんな事を書いたらいいのか
を書いておこうかなと思っています
まず僕の生活パターンなのですが、早起きです

「超」が付くほどの早起きです

だいたい3時くらいに目が覚めます

そこから2度寝に落ちることも勿論ありますが、大抵の場合
そのまま起きちゃいます

当然真っ暗ですよ(笑)

夜9時頃に寝てしまうので当たり前と言えば、当たり前の
話なのですが、起きてしまいます
その3時から朝仕事に行く為に家を出る7時までの時間を
ゆっくり過ごすのが大好きです

本を読んだり

PCをカチャカチャしたり

仕事の勉強をしたり

とても充実した時間を過ごしています
パソコンをいじっていると、夜中に起きている方が
ものすごく多いことに驚きます
おそらく起きている方達で、僕のように目が覚めたばかり
の方は、そんなに多くない気がします

そんな時間に飛び込んでくるニュースや出来事

これから来る季節にちなんだお話し

この辺をテーマに「通勤電車の中でサクっと読める」を
ポリシーに書いていきたいと思ってます
皆さんが寝ている間に起きた出来事を会社や学校に着く前に
「シャッ」っとチェック出来たらカッコイイですよね

そんなブログを目指して書いていこうと思っておりますので
よろしくお願いします

 

ところで、「朝食は体に悪い」という説があるそうです。

朝食を食べないと脳が目覚めなくて頭が働かないとか、
朝食を抜くと体が飢餓状態になり太りやすいという
話しを聞いたことがある人はたくさんいると思います。
そんな長く私たちの中にあった常識を覆す定説が急浮上!
「朝食を抜く」事によって今よりも健康になるというのです。
そんな誰もが驚くような話が結構な数の本でも言われていて、
世の中の新しい常識として聞いた事がある人も多くなってきているそうです。
気になる内容は、朝食を抜く事によって空腹状態の時間を長く確保し、
いわゆる飢餓状態を作ることによって、体が本来持つ免疫力が向上するとの事。
空腹状態の時間とは、すなわち内臓を休める時間を確保できるという事になり、
消化活動をしてない内臓は、体の様々な機能を高める為にパワーを使えるらしいです。
さらには、朝は排泄の時間になるので、その時間帯に食べ物を胃に入れない方が
いいらしく、この排泄の部分だけでも朝食を抜くメリットがあるとの事。
僕ら人間の体が食物を完全に消化し、栄養分を吸収し、排泄するまで約18時間程
かかると言われています。
その為「人は1日に1度は18時間断食した方が良い」と唱える研究者さえいます。
夕食を早めに摂り、次の日のランチタイムまで食事の感覚を空ける事によって、
体の中での、消化→吸収→排泄のサイクルが完全に行われ、その間に内臓(主に肝臓)は
たっぷりと休養し、体の様々な機能を高める方に専念できるそうです。
何だかとてもしっくりくる、そして納得できる内容ですね。
ただもちろん、「朝食は1日で1番大事な食事」と長く言われてきた訳ですから
「朝食必要派」からの反論ももちろんあります。
朝食を食べないと糖分が不足し、脳に必要な栄養が足りなくなる為、午前中に
ガス欠状態になり、集中力が低下してボーっとしてしてしまう説や
昼食の時間帯にはひどくお腹が空いてしまい、ドカ食いをしてしまったり、
体の飢餓状態に対する反応として、昼食・夕食のエネルギーを脂肪として
体に蓄えようとする事によって、太りやすい体になってしまう説などを
唱える専門家の方々も多くいらっしゃいます。

これもまた納得できる内容ですし、長く私たちの中の常識でしたね

僕も半年ほど前から実践している健康法があります。
それは午前中は果物と水(さ湯)以外は口にしないという方法です。
本を読んで書いてあった事を実践しただけなのですが、最初の3か月で
体重が7キロ落ちて腹筋が割れました。
体重は高校2年生の時の体重にウン十年ぶりに戻りました。
高校2年生と言えば17歳、人生で元気・体力がピークの時ですよね。
果物は素材自体が消化酵素を持っているので、朝食にはベストとの事でした。
実践して1番初めに感じたことは、食べた後2~3時間後にはお腹が鳴るほど
空腹になる事。
その健康法では、午前中は果物を好きなだけ食べて良いとの事なので、
いつもバナナやリンゴ等の簡単に食べれる果物をもって仕事に行きます。

ほとんどゴリラですよね?

そして毎朝早起きして時間があるので、様々な果物を綺麗に切って
「フルーツ盛り合わせ」をゆっくり食べてます。

もちろん「キャバクラでこれ頼んだら高いんだろうな~」(笑)
なんて考えながら食べてる毎日です。